医療用帽子・バンダナ・ニットキャップについて

医療用帽子・バンダナ・ニットキャップについて

医療用帽子バンダナ・ニットキャップについて

 

抗ガン剤治療が始まると、覚悟はしているものの精神的に脱毛のショックは大きいと思います。

 

髪の毛の抜け方には個人差があり、治療によってもかわってきます。
状況を見てかつらを用意する場合は、その間、医療用バンダナ・医療用帽子・ニットキャップなど、を用意すると良いでしょう。

 

医療用帽子として販売されているものは、

 

温かすぎず寒すぎず、
通気性に優れ
透けて見えず
肌にやさしい素材

 

など、通常の帽子やキャップに比べて、特別に配慮されているものが多数販売されています。

 

 

脱毛が始まると頭周りが小さくなるため、髪の毛があるうちにかつらを用意する場合はサイズ決めに注意が必要。
・・・なので、脱毛の状態をみながら、その間はバンダナや医療用帽子を使用し、ある程度サイズのあったセミオーダーウイッグを購入する方が多いようです。

 

既成ウイッグ、セミオーダーの場合でも、医療用かつらはアジャスターなどでサイズ調整は可能なので安心です。
オーダーの場合は納品までに1ヶ月くらいの期間の余裕を持った方がよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウイッグ(医療用)お手ごろ価格

医療用かつらのレンタル



  

 
産後の抜け毛にいいシャンプー&育毛剤 女性の薄毛・抜け毛の原因と対策